中古車に乗ろう

最近の自動車市場では、新車販売台数が落ち込みを見せ、中古車市場に注目が集まっている言われています。新車に比べると価格も随分と安い車種もあり、多少グレードの高い車種でも、何とか手が届く価格になっている事もあります。このような価格にしてくれているのは、中古車オークションの存在があります。
今ではインターネットやオークションサイトで、個人でも行われるほど普及してきていますが、日本では1967年にトヨタオークションが始まり、今ではどのメーカー中古車でも行われている「メーカー系オークション」の走りともいわれています。

メーカー系オークションが始まるまでは、あまり中古車の存在は表に出る事が少なかったようです。それが1960年代後半に、高度経済成長と共に新車の売れ行きも右肩上がりに増えていきます。このようになると、数年後には当然中古車の下取りも増えていったのです。
当時の新車ディーラーは、新車販売から得られるマージンで経営していた関係上、何の特典もない中古車の販売は、新車の下取りとして仕方なく引き受けていたようです。ですから、新車のセールスマンの成績が上がらない者は、中古車部門に移動させるところもあったようです。しかし、中古市場の拡大によって全国で独立系の中古車専業ディーラーが誕生しましたが、中古車ディーラーは安定した仕入ルートがなく、新車ディーラーは大量に発生した下取り車の処理に困っていたところに中古車ブローカーが誕生します。彼らは間に入り、効率よく転売しました。

中古車1970年代に入ると中古車ディーラー業界では各地に同業者組合を設立していきます。1971年には日本中古自動車販売協会連合会が設立されました。これによって、大都市近辺では組合主催のオークションが開催されるようになり、中古車の仕入ルートにオークションが登場しました。しかし、どちらかというと利益目的ではなく、同業者の在庫交換が大半で基本的には会員以外は参加できない状態でした。

中古車1980年代にはメーカー主導で行われている、メーカー系オークションがありますが、どちらかというと、メーカーの在庫処分的なもので、中古車販売業者同士の商売は成り立たなくなってしまい、新たに企業系オークションが誕生しました。これは、出品料や成約手数料で利益をあげることを目的としているオークションで、組合系のように地域単位ではなく、全国の中古車業者をターゲットに大都市周辺に会場を設立し、最新の技術の導入によって中古市場に旋風を巻き起こしました。
今回は、それぞれの車種別中古車市場を覗いてみたいと思います。